サブタイY_aya


とある会社で私の上司だった

「アヤノコウジさん」のお話です。



0924_01
0924_02
0924_03
0924_04
0924_05
0924_06
0924_07


予想通り『そのうち』は来なかった。



……漫画だとコミカルな姿になってますが、

実物のアヤノコウジさんは体重3ケタの巨体なので

巨人族専用の服屋に行かないと、服のサイズが無いそうです。


それを理由にして服屋に行かず、

さらに洗濯も面倒くさがるため

カブトムシ臭ズボンの製造マシーンになってました。



……というか、今思い出したけど

あの人、出張用のスーツ持ってたはずだわ!

替えのズボンあるじゃん!

なんなのあのカブトムシッ!!





↓↓ブログランキングに参加中です↓↓
  よかったら押していってね